サイトを公開する際に最低限確認をしたい「ウェブサイトのいろは」を紹介しています。

  ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」


カスケードスタイルシート(CSS)を使用する

現在のウェブサイト(HTML)は、構造部分(テキスト)と装飾部分(デザイン)が混在したものが一般的ですが、 本来は各部分を分離する事が理想とされています。
                                
HTMLで構造部分を、CSSで装飾部分をコントロールします。
                                
各部分を分離する事により、デザインの統一や変更を容易にできたり、共有分の軽量化などが可能となり、 SEO的にも対策がおこないやすくなるというわけです。
                                
ただ、CSSの仕様にバグがあったり、一部の古いブラウザでは認識しないものもありますが、 それを差し引いてもメリットがあり、今後はもっと主流になっていくでしょう。
                                
CSSを覚えるのはなかなか難しいですが、HTML単体で出来ない事が実現できたり、 SEO的にも有利なので、覚える価値ありです。
                                
(このウェブサイトもCSSを使用しています。 また、デザインを実現させる為に、本来意味の違う<TABLE>タグを利用しないなどの作りとなっています)
                                



初級テクニック
上級テクニック(SEO)
備考



Copyright©2006-2008 ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」