サイトを公開する際に最低限確認をしたい「ウェブサイトのいろは」を紹介しています。

  ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」


ページにキーワードを散りばめる

                                
例えば、SEO対策を紹介したウェブサイトを作成したとします。 しかし、文中に「SEO」という文字がまったく出てこなければ、 そのページはSEO対策を紹介したページなのかが判断できません。
                                
文章中に、そのウェブサイトを象徴するキーワードを散りばめる事を意識しましょう。
                                
とは言え、そのキーワードをたくさん使えば良いというわけではありません。 あまりに使い過ぎると検索スパム(不正行為)と判断されてしまい、 サーチエンジンから検索されなくなったりします。
                                
SEO的には、1ページ内に3%程度散りばめるのがベストとされています。 また、キーワードはなるべくページ内の上部に記載するのが良いでしょう。 これは当然ながらサーチエンジンがファイルの頭からウェブサイトを解析していくからです。
(あまりに1ページ分が長い場合、サーチエンジンが途中で内容を切り捨ててしまう可能性があるからです)

                                
キーワード出現頻度解析
(テキストマッチやキーワード出現頻度を計測することができます)

                                



初級テクニック
上級テクニック(SEO)
備考



Copyright©2006-2008 ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」