サイトを公開する際に最低限確認をしたい「ウェブサイトのいろは」を紹介しています。

  ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」


適切に見出しをつけ、構造化する

                                
例えば、実際の小説にも小説名というタイトルがあって、内容ごとに1章、2章…と言った章題があります。
                                
ウェブサイトにも同じく見出しを意味するタグがあり(<H1>〜<H6>)、 SEO的にはとても重要視されています。
                                
サーチエンジンは、この見出しを元にウェブサイトの内容を解析し、 構造化(リスト化)するのです。
                                
これによりTOPページを判断したり、同じリンクでもあっても、 内部リンクなのか外部リンクなのかなどを判断していきます。
                                
しかし、ただ<H>タグをつければいいのではありません。 1冊の小説にタイトルが2つあるわけは無いですし、大見出しの数が小見出しの数よりも多いはずがありません。
                                
ウェブサイトの構造をしっかりと設計し、<H>タグを効果的に使っていきましょう。
                                


初級テクニック
上級テクニック(SEO)
備考



Copyright©2006-2008 ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」