サイトを公開する際に最低限確認をしたい「ウェブサイトのいろは」を紹介しています。

  ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」


ホームページ制作ソフトに頼り過ぎないようにしよう

                                
ウェブサイトを制作する際、タグを自動で記述してくれたり、画像のURLを引用してくれるようなソフトを、 一般的にウェブオーサリングソフトと言います。
                                
オーサリングソフトは、以前はとても高価で、おいそれと購入できるものでもありませんでした。 その為、ウェブサイトを作るには、 HTML辞典を片手にテキストエディタでタグをぽちぽちと手打ちして作るしか方法がありませんでした。
                                
しかし現在では、安価または無料でオーサリングソフトが手に入るようになったので、 タグの意味や使い方を知らなくても簡単にウェブサイトを作る事ができるようになりました。
                                
簡単にできるようになったのはいいのですが、オーサリングソフトは完成後の見た目を重視する為、 文の改行をするのに<P>タグを使ったり、意図しない部分にスペースが入っていたりと、 タグの意味や使い方については二の次なものもあるように思います。
                                
これはファイルサイズが増大の原因にもなりますし、以降の上級テクニック(SEO)をおこなう上でも障害になります。
                                
オーサリングソフトを使うなとは言いませんが、大まかにページを作るのに使用し、 細かい部分はテキストエディタを使って、タグを理解しながら作っていく方法をオススメしたいと思います。
                                



初級テクニック
上級テクニック(SEO)
備考



Copyright©2006-2008 ウェブサイトを公開する際に押さえるべき「いろは」