戸籍謄本、戸籍抄本、住民票を知ろう
戸籍や住民票の届出変更、郵送取得、請求方法などについて説明しているサイトです。
戸籍の基礎知識
海外の戸籍事情(身分登録制度)

■イギリス
各地方の身分登録機関から3ヶ月ごとに、中央の身分登録機関に送られてきた出生、婚姻、死亡の身分登録を、各事項ごとに名前のアルファベット順に整理して、索引を作り、利用者はこの索引から調べたい人の身分登録を検索できるようにしています。

■アメリカ
イギリスと違い、各地方の出生、婚姻、死亡の身分登録は州の中央機関または郡の機関で保存されているだけで、アメリカ全体で統一的に収集している機関はありません。そのため、家族関係や相続人の追跡は不可能です。自分の事を自分で証明する場合に利用するだけです。その代わりに個人を特定するものとして、社会保険番号が利用されています。

■ドイツ
出生、婚姻、死亡の各登録簿の他に、家族簿という制度を設けています。家族簿は婚姻家庭ごとに作成され、住所を移転すれば、そのたびに作り直します。

■スイス
出席、婚姻、死亡の各登録簿の他に、家族登録簿があります。ドイツとは異なり、本籍地での作成で、婚姻家庭に限定されず、婚外子も記載されます。登録簿の名義人の家族を順次記載するシステムで、出生、婚姻、死亡の各登録が本籍地に送られてきます。日本の戸籍に似ています。

■フランス
出生、婚姻、死亡の各登録簿の連絡を可能にするために、出生証書の欄外に、婚姻、死亡、婚外子の認知、養子縁組、離婚などを付記し、個人については身分行為の追跡が可能なシステムをとっています。

■オランダ
出生、婚姻、死亡の各登録簿の他に、人口登録カードがあり、個人別に出生、婚姻、死亡などの身分事項を継続的に記載しており、個人についての身分行為の追跡が可能です。またこのカードには、父母、配偶者、子が記載されるので、家族関係を知る事も可能です。

■スウェーデン
出生、婚姻、死亡、転居などの登録は全て教会の管轄する教区登録所が行っています。行政は、出生の時点で国民に番号をふり、個人の身分行為を順次登録するシステムを導入しています。これを個人票といいますが、父母、配偶者、子供も記入されますから、家族関係を追跡する事も可能です。

言うまでもない事ですが、家族簿、家族登録簿、出生証書の欄外付記などを採用している国でも、もちろん本人あるいは一定の範囲の家族しか、記録の原本もしくは抄本のコピーを取れません。
力← INDEX →歷
↑↑
(C)戸籍謄本、戸籍抄本、住民票を知ろう