戸籍謄本、戸籍抄本、住民票を知ろう
戸籍や住民票の届出変更、郵送取得、請求方法などについて説明しているサイトです。
戸籍の基礎知識
戸籍の用語集6

戸籍に関する基本的な用語集です。よく利用される言葉は決まっておりますので、ぜひ覚えておいてください。

■文末認印(ぶんまつにんいん)
戸籍の記載を完了した時は、その各事項ごとの末尾に戸籍事務官掌握者の認印を押さなければならない事を言います。
文末認印は、当該記載事項について戸籍事務官掌握者の責任を明確にするととともに、後日恣意的な加筆を防止するため、 記載の完了の趣旨を明らかにするためのものです。

■本籍(ほんせき)
人の戸籍上の所在場所を言います。
新戸籍を編成する場合には、必ず本籍が定められ、その本籍と定められた場所の市区町村(本籍地)の長において戸籍を編成し、その市区町村役場に戸籍は備えられます。
そして戸籍上の届出がどこの市区町村になされても全て本籍地に送付され、そこで戸籍の記載がなされます。

■無籍者(むせきしゃ)
日本人でありながら戸籍に記載されていない者を言います。
日本国民である以上、全て戸籍に記載されますが、出生した子につき出生届けがなされていないなど無籍者が生じる事があります。
この場合、その届出義務者がいる時は、これに対して届出の催告をし、その届出に基づき戸籍に記載する事になります。
力← INDEX →歷
↑↑
(C)戸籍謄本、戸籍抄本、住民票を知ろう